計測する

2016年6月22日
 

おいしい野菜を育てるためには、いつも畑を良い状態に保たなければなりません。そのためには、常に土壌の状態を把握しておく必要があります。

収穫をしながら、土壌の状態や収穫量を記録、分析できればもっと効率的に農作業を進められるのではないか、と思い開発しました。

アグビーは各種センサーによって、畑内の様々な情報を収集しながら収穫のお手伝いをします。

位置情報を取得しながら畑の各地点の土壌温度、水分量を計測し、収穫量も記録していきます。
数値で表示することはもちろん、畑のマップにそれらの情報を表示することで、畑の状態を視覚的に把握することが可能です。

それらの情報は普段使っているiPadなどの端末や自宅のPCから見ることができます。

<戻る

スクリーンショット 2016-06-30 17.19.03