ごあいさつ

2016年6月30日

私たち中西金属工業株式会社は、ベアリングリテーナーや自動車工場のコンベアシステム、窓のサッシローラーなどを製造しています。

ベアリングリテーナーでは世界シェア1位。コンベアシステムでは日本のすべての完成車メーカーと取引を行っており、サッシローラーも日本の住宅窓の60%に使われている技術力が自慢の会社です。

そんな農業と全く関わりのない私たちが、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の奥出直人教授と共同で農業プロジェクトを発足しました。

日本の農業は、高品質で本当においしい野菜を作る一方で、重労働を伴い、収穫から出荷、それ以外にも様々な作業をこなさなければならない大変さがあります。農業の中にイノベーションを起こすべきものが多くあるのではないか、という思いのもとプロジェクトが始まりました。

軸受事業部、輸送機事業部、特機事業部の技術者と管理部門の社員という全く異なったバックグラウンドを持つメンバーと、慶應義塾大学の奥出教授をはじめとする研究室のメンバーで農業に携わる方々に新しい価値を提供したい。そんな思いで、プロジェクトを進めていきました。

そして、農家の方へのフィールドワークなどによってたどり着いたのが「百姓の来年」というキーワードです。

main
IMG_3202