マンゴーと喉の怪しい関係…。

皆さんこんにちは。 NKCイノベーションプロジェクト、藤井です。

南国のフルーツの王様といえば、マンゴー。

中でも、木で熟し切った完熟マンゴーは色つややかで美しく、見るからに美味しそう!と感じてしまいます。

IMG_9814

そんな完熟マンゴーの産地でのアグビーの可能性を探るべく、今回は鹿児島県指宿市にある観光農園「マンゴーの森」を経営されている有村隆雄さんのもとにお邪魔しました。

IMG_9795

「マンゴーの森」では、ハウスに隣接する直売所を設け、マンゴーの生産から直売、加工品の販売を行っておられます。

IMG_9791 IMG_9792

マンゴーと言うと宮崎県の特産物というイメージが強いですが、実は日本で初めて栽培が始まったのは鹿児島県指宿市で、有村さんの師匠の庄野さんという方がその第一人者なのだそうです。

有村さんはもともと地元でお土産物屋さんを経営されていたそうですが、バブル崩壊や水害などで観光業が落ち込んだことを機に、温暖な土地柄とお土産物屋さんでの経験を活かし、50歳のときに生産から販売、観光までをすべて行うマンゴーの観光農園を始められたという経歴の持ち主。

IMG_9809

マンゴーは栽培が非常に難しいフルーツで、当初は栽培マニュアルがない中、10年以上試行錯誤を繰り返し、ようやく品質・収穫ともに安定させることができたそうです。

IMG_9817

マンゴーの規格はサイズと色目、糖度だそうですが、有村さんのマンゴーはどれをとっても完璧で、日々たくさんのお客さんやリピーターが直売所を訪れています。

マンゴーは非常に繊細なため、マンゴーの観光農園をされている農家さんは有村さんを除いて他にはいないのだそうです。マンゴーの生産現場を実際に見られるのはお客さんにとっても嬉しいですね。

IMG_9833

最後に、有村さんのご厚意で完熟マンゴーを試食させていただきました! 甘い香り、とろけるような舌触りと甘さに、こんなに美味しいフルーツがあったのか!と思わず感動してしまいました。

IMG_9835

本当に甘いフルーツって、食べると喉が痛くなるんです!

 

今回の訪問では、これほどのマンゴーを実らせるまでに、剪定や害虫駆除の他にも、実に日光を均一に当てるために葉を洗濯ピンで固定したり、実の下側に白いトレーを置いたりと、たくさんの手間と苦労があることも同時に教えていただきました。

IMG_9818

有村さんはマンゴーの他にもパッションフルーツやドラゴンフルーツも生産されています。

IMG_9827

IMG_9820

これらのフルーツはハウスの中で栽培されており、肉体的負担の大きい収穫時には、我々が開発している「アグビー」が非常に役に立つのではないかと感じました。

 

有村さん、この度はありがとうございました。

マンゴーの森 ウェブサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です