泉州のブランド農家さんご紹介

 

毎日暑い日が続きますね・・・。皆さんいかがおすごしでしょうか。

そんな暑い夏に持って来いの野菜といえば水茄子!

mizunasu

水茄子といえば通常の茄子より丸く、水分が多くてみずみずしいイメージがありますね。
その昔、水茄子は畑の隅に植えられて農作業中の熱中症予防の目的で生で食べられていたというから納得です。

 

さて、今回は水茄子で有名な大阪は泉州のブランド水茄子農家さん、草竹農園の草竹茂樹さんをご紹介します。

草竹さん

草竹農園は大阪府阪南市にある農園で、夏場は泉州特産の水茄子、冬場はネギといった軟弱野菜全般を栽培されている農家さんです。

泉州地域は大阪南部の大阪湾に面した田園地帯で、雨の少ない温暖な気候柄、とても美味しい野菜がたくさん作られているそうです。

そんな泉州のブランド農家さんの草竹さんは、水茄子の栽培だけでなく、水茄子を使った浅漬の販売や地方への農業指導、新商品の開発、営業活動など、非常に精力的に取り組まれています。

 

さて、そんな草竹さんが開発した新商品をご紹介させていただきます。

それがこちら、ヌカマルシェです!

numakaruche

可愛らしいパッケージのこの商品、実は誰でも手を汚さず簡単にぬか漬けが作れるキットなんです。

しかも、高級料亭に出されているという草竹農園さん自慢の味が自宅で楽しめてしまうんです!

IMG_3256

(草竹農園 浅漬けの作業の様子)

 

水茄子以外にもキュウリやアスパラ、トマトなど、色々な野菜と漬けることができるそうです。

作り方、お求め方法などはこちらからチェックしてみてください!

 

現在42歳の草竹さんは、過去に様々なお仕事をされた経験も活かし、農家さんのリーダー的な存在として活躍されていますが、実は私たちNKCイノベーションプロジェクトも草竹さんに大変お世話になっています。

現在開発中の運搬車を使ったサービス「アグビー」は、草竹さんの農作業を調査させていただいたり、アドバイスしていただきながらでつくられているんです。

IMG_5880

今後、こちらのサイトでは草竹さんの豊富な知識を取り入れた共同開発の裏側もどんどんご紹介していきたいと思います。

どうぞお楽しみに。

水茄子を食べて暑い夏を乗り切りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です