研究を続ける「あまおう」のいちご農家 楽農ファームたけした

 

皆さんこんにちは。 NKCイノベーションプロジェクトの山千代です。

今回がはじめてのブログで、緊張しております。

 

農業サービスの洗練を図るべく、今回は福岡県大川市で「あまおう」などのいちごを作られている

「楽農ファームたけした」さんにお邪魔しました。

 

楽農ファームたけした

takeshita_77

楽農ファームたけしたではいちごの栽培とジャムなどへの加工、販売を行っておられます。

武下さんは元はメーカーで設計をされていたそうで、機械のちょっとした改造程度なら自分で

してしまうそうです。畑の大きな貯水設備も、時間をかけてご自身で作られたとか。

14859737_1153488651408220_1803182249711260472_o

 

伺った時はハウスにビニールを張る作業の真っ最中でした。

高さ3mはあろうかという細くたわむ不安定な足場で、重いシートを運び、広げ、固定する作業。

14615691_1153487554741663_5590489386264611870_o

若者でさえ危険で大変な仕事ですが、人手不足と高齢化の進む農家ではこれを自分たちで

なんとかするしかないそうです。

14712602_1153487828074969_2085477380460794109_o

今後の農業のためには、こういった身体的負荷を軽減する手段が必要なのだと感じました。

14889905_1153487958074956_3125564738745639345_o

 

また、いちごはデリケートな作物で、農地の状態をしっかり整えておかないと甘みが出なかったり

実が中空になってしまったりするそうです。常に状態をチェックし、対応し、気が抜けません。

14890540_1153488478074904_2383700264278359272_o

14615871_1153488661408219_1301505416674611297_o

よりよいものを作るためには、細かな気遣いと長年の研究がものをいうようです。

 

当プロジェクトではそういった負荷を少しでも軽減できるよう、労働面と情報面の両方から

農家の皆様をサポートできる製品づくりを目指しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です